• 家族葬と葬儀の考え方についての変化

    葬儀の形式として近年、「家族葬」を希望する人も多いです。通常一般の葬儀では一人当たり200万円程度かかる費用も家族葬にすれば半分以下に抑えられるなどとして、費用面のコンパクト化や不要な部分を省くという点で残された遺族にとっても精神的にも金銭的にも負担を減らすとして注目を集めています。


    家族葬は名前の通りに家族だけで取りはからうという訳ではなく、近親者や遺族や故人の意向があれば仲の良かった友人でも弔問する事は出来ます。



    家族だけもしくはそれに近い身内だけでひっそりと故人を偲ぶ事で故人との最後の時間をゆっくりとれる点が魅力の一つでもあります。


    一方で家族葬を行うにあたっての問題点もあります。


    まだ一般的に知られていない事も少なからずあり、一般葬を希望する人からは良く思われない事もあります。

    田舎などでは葬儀は親戚や近所を巻き込んで行う事もあるので、知らないうちに葬儀が終わっていたと後で聞かされるご近所の方と揉めるケースもあります。
    葬儀自体が無事終えても、後に訃報を知った人からの弔問客の対応に遺族は対応しなければならない点もあります。

    残された遺族が揉めない為にも今では葬儀会社がこぞって「生前相談」等で葬儀の仕方を本人に提案、相談できる窓口を設けています。

    有望な毎日新聞の情報を提供中です。

    かつては自分の死について葬儀の在り方等を考えるなんて良くないとされてきましたが、家族に事前に自分の葬儀について伝えておくという事も自然になりつつあります。