• 家族葬とはどういう葬儀なのか

    最近、よく見聞きする「家族葬」とは、どのような葬儀なのか、ご存知でしょうか?家族葬とは、儀礼的な参列者をなくして、身内や親族など、限られた者だけが参列する比較的小さな葬儀のことです。

    文字通り、家族だけが参列する場合もあれば、故人の友人など、ごく親しい者が参列する場合があります。



    少子高齢化や核家族化が進んだ昨今では、「顔も名前も知らないような人が多数参列する形ばかり立派な葬儀をするよりは、親しかった者だけでゆっくりとお別れをしたい」と考えられる方が多く、家族葬が支持を得ています。



    また、比較的規模が小さな葬儀のため、葬儀にかかる費用を抑えられるというメリットがあります。
    一口に家族葬と言っても、その内容や流れには種類があります。
    まず、従来と同じように、一日目にお通夜を行い、二日目に本葬を行って、火葬場へ出棺して火葬を行う形式の葬儀です。次に、お通夜を廃して、本葬と火葬を行う葬儀で、これは一日で葬儀を行うため、「一日葬」と呼ばれることもあります。さらに、最もシンプルな形式の葬儀で、故人とのお別れと火葬だけを行うものもあり、これは「火葬式」や「直葬」とも呼ばれることがあります。

    いずれの形式にしても、家族が故人とゆっくりお別れをすることにはかわりありません。
    「自分達らしいお別れがしたい」や、「長生きしたから、故人の友人はもういない」、「故人の介護にお金をかけたので、葬儀は高額にならないようにしたい」など、様々な理由で家族葬を選ばれる方が増えています。