• 家族葬は故人や遺族の希望に応じたやり方で

    • 身内が亡くなった時、一般葬ではなく家族葬を行う人が増えています。
      家族葬は、元々は故人の家族のみで行う葬儀を指しました。


      しかしこれは絶対的な決まり事ではなく、親しい親族も呼んだり、故人と特別な親交のあった友人にも参列してもらったりと、遺族によって来てもらう範囲は変わります。一般葬の場合はある程度定まった従来通りのやり方があり、遺族の想いなどは後回しになることがあります。その点、家族葬は新しい葬儀の形であり、やり方に厳密な決まりはありません。



      故人の思いや遺族のこうやって見送ってあげたいという気持ちを形にすることができるのです。

      日本経済新聞のことならお任せください。

      例えば、故人がカラオケを趣味としていた場合、特に好んでよく歌っていた歌を葬儀の最中に流すとか、よく絵を描いていた場合、その絵を斎場に飾るといったようにです。



      演奏者を呼んで生演奏をしてもらう、故人が非常にかわいがっていたペットの犬にも参列してもらう、棺を斎場の真ん中に配置し、参列者の席を周りに配置することでより近くの席でお別れするといったように、実にさまざまなやり方があります。

      しかしながら、葬儀社の中には家族葬を単に小規模・少人数の葬儀形式と考えているところもあり、そういったところでは上述のような希望をきいてもらえないことがあります。
      ペットの参列は、自社斎場をもっているところでないと難しいでしょう。

      葬儀を行うことになった時は、病院で紹介されたとか近所にあるといった理由で葬儀社を決めるのではなく、サイトなどで調べて、家族葬の実績が豊富なところを選ぶようにしましょう。


  • 知識を増やす

    • 家族葬のメリットとは

      大切な家族を亡くしたとき、どうしたいいか分からない気持ちのまま葬儀を執り行わないといけなくなります。斎場にたくさんの人がきて、一人一人に挨拶をしないとならないのは、辛いときに気持ちをしっかりと保っていないといけないという張り合いになる一方で、負担にもなります。...

  • 注目情報

    • 本当の気持ちを込めた家族葬

      最近は家族葬を行う方たちが増えたようです。事業をやっているようなお宅では、盛大な葬儀も必要でしょうが、定年退職をして、静かに暮らしていた方は家族葬を好むのでしょう。...

  • 知っておきたい常識・社会の常識

    • 家族葬と葬儀の考え方についての変化

      葬儀の形式として近年、「家族葬」を希望する人も多いです。通常一般の葬儀では一人当たり200万円程度かかる費用も家族葬にすれば半分以下に抑えられるなどとして、費用面のコンパクト化や不要な部分を省くという点で残された遺族にとっても精神的にも金銭的にも負担を減らすとして注目を集めています。...

    • 家族葬とはどういう葬儀なのか

      最近、よく見聞きする「家族葬」とは、どのような葬儀なのか、ご存知でしょうか?家族葬とは、儀礼的な参列者をなくして、身内や親族など、限られた者だけが参列する比較的小さな葬儀のことです。文字通り、家族だけが参列する場合もあれば、故人の友人など、ごく親しい者が参列する場合があります。...