• 本当の気持ちを込めた家族葬

    最近は家族葬を行う方たちが増えたようです。

    事業をやっているようなお宅では、盛大な葬儀も必要でしょうが、定年退職をして、静かに暮らしていた方は家族葬を好むのでしょう。
    参列をして下さる方も本当に亡くなった方の死を悼むような人たちであって欲しいものです。

    仕事などのおつきあいがあるので、あまり良く知らない方の葬儀でも参列しなくてはいけないというのは、あまり好ましくありません。

    それならば、よく知っている方たちだけで、静かに故人を偲びたいと家族葬にされるのです。



    家族といってもその範囲は人それぞれです。
    本当に一緒に暮らしていた方だけという場合もあります。
    また、親族全部を含めた家族葬というのもあります。それは、故人もしくは喪主の方のお考えです。

    周囲から、いろいろ言うことではありません。


    近頃は終活というのが盛んですから、亡くなる前に自分はどうして欲しいと頼んでいる方も多いでしょう。その場合は、故人の意をくんで希み通りの葬儀を執り行いましょう。

    朝日新聞デジタル情報選びをサポートするサイトです。

    いくら盛大な葬儀を行っても故人が望まない形では、喜んではいただけません。
    人生の最後ですから、本人の一番欲する形で送ってあげましょう。斎場でも生前に、どのような葬儀にするか予約できるところが増えておりますから、良く話し合って予約しておくのも良いでしょう。
    しかし、まだまだご年配の方の中には、人の死を待っているのかと、怒られる方もいらっしゃいます。そんな場合は、残される方が、密かに調べておかれることをお勧めします。



    いざという時に慌てないように。